見出し画像

HERALBONY×ArtStickerのコラボレーション。日本全国の福祉施設から生まれた「異彩」を放つ作品群をArtStickerで公開。

福祉を起点に新たな文化をつくりだすブランド「HERALBONY」。日本全国の福祉施設から生まれた独創的な表現の数々を、ArtStickerにて公開いたします。

HERALBONYとは

HERALBONY告知用イメージ

「異彩を、放て。」知的障害。その、ひとくくりの言葉の中にも、無数の個性がある。
豊かな感性、繊細な手先、大胆な発想、研ぎ澄まされた集中力・・・
“普通”じゃない、ということ。それは同時に、可能性だと思う。僕らは、この世界を隔てる、先入観や常識という名のボーダーを超える。そして、さまざまな「異彩」を、さまざまな形で社会に送り届け、
福祉を起点に新たな文化をつくりだしていく。
..
HERALBONYは、知的障害のあるアーティストが描く作品を、モノ・コト・バショに落とし込み、社会に提案するプロダクトブランドです。

ブランド名「HERALBONY(ヘラルボニー)」という聞き覚えのないその単語は、自閉症という先天性の知的障害がある両代表の兄・松田翔太が7歳の頃に自由帳に記した謎の言葉。
世の中にとっては何の意味も持たない言葉かもしれない、けれども、7歳の頃の彼にとっては、きっとなにか心に引っ掛かるものがあったからこそ、ヘラルボニーと記したと思うのです。ヘラルボニーというブランド名には、一見意味がないと思われる思いを、企画して世の中に価値として創出したい、という意味が込められています。
近年、芸術的教養を受けてない方々が表現する「アウトサイダーアート」「アール・ブリュット」という言葉も広がりつつあります。スイスやフランスでも評価を受けている日本の知的障害のあるアーティストの作品を、どうぞお愉しみください。

独創的な作品が生まれる福祉施設のご紹介

自然生クラブ(茨城県・つくば市)

自然生

自然生クラブで運営している田井ミュージアムは、地域の大谷石作りの米倉庫を改装して2001年12月に誕生しました。シアターとアトリエの2部屋があり、知的ハンディキャップのある人たちの表現活動の場となっています。毎週火曜・木曜の午前中に行われる「表現ワークショップ」のほか、草木染や絵画の作品展、音楽・演劇・ダンス・朗読・太鼓など幅広く創造的な活動を行っています。毎年、春と秋に芸術祭を開催しています。
ヨーロッパでの公演を契機に、アール・ディフィランシェ(Art Differencie:異才の芸術)を実践する芸術団体との交流を深め、2009年には、国際交流基金より地球市民賞を受賞しました。

はじまりの美術館(福島県・猪苗代町)

Artsticker写真

約50年間の歴史をもつ福島県の社会福祉法人安積愛育園が運営しているはじまりの美術館は、猪苗代町の築約140年の十八間蔵を改装してつくられました。はじまりの美術館は日本財団からの支援をはじめ、震災を経験した様々な人の想いを受けて生まれ、障害のある方の表現を軸に様々な企画展を開催しています。震災後の日本だからこそ、アートを通して人間や地域社会のつながりをつくり、そこから新しい価値を生み出すことが求められている中で、はじまりの美術館は障害のある方の表現活動をバックアップし、アートを通して新しい価値や視点を提案し続けています。

オンライン美術館|HERALBONY #ZoomArtMuseumでも公開
HERALBONYが提供するZoomのバーチャル背景機能を最大限に活用した新感覚のアート鑑賞体験「#ZoomArtMuseum」 。ArtStickerにて公開されている作品の一部を、#ZoomArtMuseumではアーティストのストーリーとともにお届けしています。

画像4

他のオンライン美術館にはない、HERALBONYキャストがリアルタイムで、来館者様とコミュニケーションを取りながら進行する40分間。ぜひ、#ZoomArtMuseumでも、珠玉のアート作品群をご自宅からZoom上でご堪能ください。

#ZoomArtMuseumについて
https://note.com/heralbony/n/n02a0665d5686

ご予約はこちらから(完全予約制)
https://calendly.com/heralbony/heralbony-zoomartmuseum-jinenjoclub?month=2020-06

基本情報

会期:2020年6月6日(土)〜2020年9月末
会場:Zoom(お申し込み完了後、自動予約完了メールと共に展覧会参加用Zoom URLが送付されます。)
観覧料(税込):無料(一般 / 学生)
定員:各回20名
主催:HERALBONY / ヘラルボニー
アートディレクション:守田篤史(株式会社ペーパーパレード)
備考:6月28日(日)20:00〜の部は、手話通訳|UDトーク連動の展覧会を開催します。
URL:https://www.heralbony.com/

▽イベントページの詳細はこちらから

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶︎iOS版:App Store
▶︎Android版:Google Play

ArtStickerは、アーティストへ「好き」の気持ちを直接おくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

ArtStickerのダウンロードもぜひ!
17
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。