見出し画像

ArtStickerを使っていて嬉しかったことを本音で語ってみた。

お久しぶりです。編集長です。
ArtStickerを触りながら、「楽しさ」や「新しい発見」を日々感じているのですが、ここ最近で一番嬉しかったことがありました。

それは、ある有名アーティストへの作品にレビューをしたことからはじまりました。

岡田裕子さんがArtStickerにご参加くださった日、その作品の斬新さとアイディアと美しさと、色んなものに度肝を抜かれた私は、さっそくスッティカーをおくり、レビューを書きました。
そのときの自分の感じたそのままの感情を残しておきたい、そのときはただそう思っていました。

すると……

え……?ご本人?!?!?!?!?!?!

これ、お返事をいただいたときの素直な私の心の中です。
まさかこんなトップアーティストの方から、お返事がくるなんて夢にも思っていませんでした。

岡田裕子さんだけではありません。
ArtStickerでレビューを書いていると、いろんなアーティストさんから直にお返事をいただくことが多々あります。
そのたびに、自分がアートの世界にコミットしている気持ちになるし、
なにより、純粋に嬉しい。

自分が「好き」と思ったアートに「好き」という気持ちを表明できるのも嬉しい。
そして、その「好き」に対して、アーティストさんが応えてくれる喜び。
こんな体験、これまでアートを通しては決して味わうことのできないものでした。

缶コーヒー1本分といえど、120円。
私も最初は心理的ハードルが全くなかったというと嘘になります。

でも、確実に広がっていくアートの輪がArtStickerにはありました。
見返り以上の喜びがありました。

ほんの少しの勇気といきおいで越えたハードルの先には、
文化はこうして醸成されていくのだという実感
がありました。
それは「お金」とか「見返り」とか、そういうものを超えた、
”偶然の出会い”が生み出す、アートのエコシステム。

その中に、確実に自分がいる。
最近、そのことを強く感じたのでした。


ArtStickerは、アーティストへ「好き」や感動の気持ちをおくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!


▼そして、そんなArtStickerを一緒に作ってくれる仲間も大募集中です!


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

他の記事もぜひ読んでみてください!
8
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/

この記事が入っているマガジン