見出し画像

【News】ヘラルボニー×ArtStickerのコラボレーション。アート展『HERALBONY ART EXHIBITION – JINENJO CLUB -』の作品がArtStickerに加わりました。

概要

オリンピック・パラリンピックを目前に、近年国内でも注目を浴び始めている「アウトサイダーアート」「アール・ブリュット」。独創的な表現の数々が、未だ福祉の世界に止まっている事実があります。

本展では、「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット・ヘラルボニーのキュレーションのもと、茨城県つくばの福祉施設「自然生クラブ」から放たれる作品を厳選して紹介します。

常に変化し続ける時代の“美”を提案する南青山の文化発信拠点「NORA HAIR SALON」にて本展を開催できることは至福の喜びです。才能は、披露してはじめて、才能になると信じています。福祉領域から、新しい作品が、新しい文化が、この場所から芽吹いています。

画像1

画像2

《展示会場の様子》

展示作品

・茨城県つくば市「自然生クラブ」の作品約40点(購入可能)
・HERALBONYのアートハンカチ、アートスカーフ

展示作家

高田 祐、鈴木 健司、木村 隆広、森下 慶一、中井 悠太、池田 くるみ、下間 祥弘、桜井 香織里、藤森 理巌

自然生クラブについて

画像3

筑波山南麓をフィールドに、知的ハンディキャップのある人たちと共同生活をしながら、有機農業を中心とした環境運動に取り組んでいます。
一方、その生活から生まれた感性を太鼓やダンス、絵画、演劇、造形などで表現する田井ミュージアムを運営しています。ヨーロッパでの公演を契機に、アール・ディフェランシェ(Artdifférencié:異才の芸術)を実践する芸術団体との交流を深め、2009年には、国際交流基金より地球市民賞を受賞しました。「創作田楽舞い」でこれまでにリトアニア、デンマーク、イギリス、香港、デンマーク、ベルギー、アイルランド、ドイツ、スイスの演劇祭に出演しています。

HERALBONYについて

画像4

『異彩を、放て。』
知的障害。その、ひとくくりの言葉の中にも、無数の個性がある。
豊かな感性、繊細な手先、大胆な発想、研ぎ澄まされた集中力・・・
“普通”じゃない、ということ。それは同時に、可能性だと思う。
僕らは、この世界を隔てる、先入観や常識という名のボーダーを超える。
そして、さまざまな「異彩」を、さまざまな形で社会に送り届け、
福祉を起点に新たな文化をつくりだしていく。

基本情報

スクリーンショット 2020-04-02 15.49.52

「HERALBONY ART EXHIBITION -JINENJO CLUB-」
会期: 2020年3月30日(月)- 2020年5月30日(土)
会場: NORA HAIR SALON
住所: 東京都港区南青山5-3-10FROM-1st BF
開館時間: 月〜土/11:00〜20:00、日/11:00〜19:00
休館日: 月〜水
観覧料: なし
URL:   https://www.heralbony.com/news/nora-hair-salon/

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶︎iOS版:App Store
▶︎Android版:Google Play

ArtStickerは、アーティストへ「好き」の気持ちを直接おくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

他の記事もぜひ読んでみてください!
8
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。