見出し画像

丹羽優太「なまずのこうみょう」

COMING SOON 2021.02.11 - 04.18

開催概要

2月11日より、京都の東福寺塔頭光明院にて、自身初となる個展を開催させていただきます。
今回の展覧会は二部構成となっていまして、第一部の2/11-21ではこれまでに描いた作品を中心に、お寺という特別な場所に再構成する試みを。第二部の4/2-4/18には新作を中心とした構成の展示となる予定です。季節ごとに表情を変える重森三玲のつくったお庭(本当に素敵です)も含め、一部二部ともに見え方の違った展覧会になる予定です。
コロナ渦ではありますが、感染対策を行いお待ちしてますので、もし近くに寄られる際は是非お越し下さい。

画像1

作家プロフィール

丹羽優太 / YUTA NIWA

1993年神奈川県生まれ。
京都造形藝術大学大学院ペインティング領域修了。現在北京留学していたがコロナの影響で一時帰国中。
鯰や大山椒魚などをモチーフに、人々には見えない厄災、抵抗できない力が常に黒い何かに見立てられてきた歴史に着目し作品制作を行う。
展示•受賞歴

2015
画心展(佐藤美術館 同16〜18)

2017
アートアワード丸の内2017 入選(新東京ビルヂング)
DEP/ART KYOTO (大丸京都店)

2018
京都府新鋭選抜展 朝日新聞社賞(京都府文化博物)

2019
京都造形芸術大学修了作品展 大学院賞
KUAD ANNUAL2019 宇宙船地球号(東京都現代美術館)
KUMA EXHIBITION 2019(スパイラルガーデン/東京)
アートアワード丸の内2019 ゲスト審査員賞(新東京ビルヂング)

2020
京都日本画(美術館「えき」KYOTO)

2021
やんばるアートフェスティバル 山原知新(大宜味村立旧塩屋小学校 /沖縄)
HP
http://yutaniwa.com/index.html

画像2

画像3

Information

丹羽優太「なまずのこうみょう」
会期
第一部「鯰の巧妙」 2021年2月11日(金)-2月21日(日)
第二部「鮎の光明」 2021年4月2日(金)-4月18日(日)

会場
東福寺塔頭光明院

住所
京都市東山区本町15丁目809

開館時間
07時-18時

料金
拝観料300円

Follow us on
Twitter | Facebook | Instagram

ダウンロードはこちら
▶ ︎iOS version: App Store
▶ ︎Android version: Google Play
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

たくさんの素敵なアートと出会えますように!
2
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/