見出し画像

【New Event】 SYP Galleryで開催中の吉野 祥太郎 個展 『埃のように』がArtStickerに加わりました。

概要

生き物がある時期に死を迎えるのと同様に、モノにも色々な要因で役割を終える時期が来る。それらのモノにはそれを使用してきた人や存在していた空間の記憶が 染み込んでいるのではないだろうか。

私は古いものに出会った時にそのモノが持つ得体の知れない気配のようなものを感じることがある。ならばその気配に注視して引き出してやろうじゃないか。消費社会のゴミになってしまったこれらのモノが秘めている何か大事なメッセージを聞き取ってみたい。目に見えないが、感じることを表現できるのは芸術の仕業であろう。

(吉野祥太郎)

画像1

土人形 繁盛 / clay doll, prosperity

吉野祥太郎は1979年東京生まれ。「土地の記憶」を表現し、国内外の美術館やギャラリー、多くのオルタナティブスペースや野外で作品を発表している。彼の代表作となる「地面を持ち上げる作品」の意味する地面とは記憶の堆積であり、そこに堆積した歴史を優しく汲み上げ、表出させることにより「場」に対する影響、そこに関わる「人間」に与える影響、その場所と人間との関わりを考察させ、心の奥深くにある意識を揺さぶることにある。

今回の個展では、主に日常にある使い古されたり役目を終えたように見えるものに、それらが存在していた場所の土を使用し埃のように堆積させる事で、それらのモノたちが内包していた時間を引き出すことを試みている。

昨年、国分寺の634展示室での個展で発表された、街の風景をその街の土で再現する立体作品から発展し、以前から吉野の作品の世界観にある荒廃したイメージの中から生まれる新しい生命やそのものが持つ記憶を具現化するような作品となっている。宇宙があり、銀河系があり、地球があり、そこに私たちが存在しているように、あらゆるモノの周囲には私たちの目には見えない世界が漂っていて、明らかにそこに 現実のものとして存在する古い道具や廃材などに土の造形が加わることでその世界を具現化し、そこから外の世界への広がりと関係性を構築していく。それは芸術家としての社会との関わりとなるのである。

画像2

半島の先端 / peninsula tip

作家プロフィール

吉野 祥太郎 (Shotaro Yoshino)

2000 - 2004 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
2004 - 2005 東京造形大学美術学部彫刻専攻研究生
2005 - 2007 東京造形大学美術研究領域 修士課程修了
2009 - 2010 文教大学美術教育学部助手
2009 - 2011  東京造形大学美術学彫刻専攻助手
2014 -            現在 studio es 代表
2014 - 2019  S.Y.P Art Space, Artist Run Gallery & Lab 代表
2020 -            現在 SYP GALLERY 運営

「土地の記憶」を表現し、国内外の美術館やギャラリー、多くのオルタナティブス ペースや野外で作品を発表している。
彼の代表作となる「地面を持ち上げる作品」の意味する地面とは記憶の堆積であ り、そこに堆積した歴史を優しく汲み上げ、表出させることにより「場」に対する 影響、そこに関わる「人間」に与える影響、その場所と人間との関わりを考察させ、心の奥深くにある意識を揺さぶることにある。

ギャラリーについて

2014年から作家・吉野祥太郎が運営してきたS.Y.P Art Spaceは、2020年4月より吉野祥太郎(作家)、JAVIER CASAS(建築家)、原田雄(ギャラリスト)の3人によって共同運営されるSYP GALLERYとして生まれ変わります。

S.Y.P Art Spaceは、まだそのような場所が少なかった時期にアーティストが企画・運営を行なうArtists run space として機能してきました。主として作品・活動のアーカイブスや次回プロジェクト等のプレゼンテーションを中心に、様々な分野の方々が自由に楽しい事を共有出来る「場」として展開。

我々3人はオルタナティブスペースやアーティストランスペースという形態が多くなってきている昨今、単にコマーシャルギャラリーを目指すのではなく、アーティストランとして養ってきたアーティストの自立をサポートしつつ、コマーシャルギャラリーとしての企画の強さを持って発信していくことが必要ではないかと考えました。そこで、この度新たにGALLERYとしてここの場所を運営していく運びとなりました。

活動範囲も個性も異なる3人がそれぞれの想いを込め、相乗効果を生み出すことで、これまでにない価値観や現代アートの持つ多様性などを打ち出せるようになるでしょう。

基本情報

会期: 2020年6月5日(金)- 2020年7月5日(日)
会場: SYP Gallery
住所: 東京都新宿区住吉町10-10
開館時間: 木 - 日曜 13:00 - 20:00
休館日: 月・火・水
観覧料: 無料
URL: https://sypgallery.cargo.site/2020-06-Shotaro

▽イベントページの詳細はこちらから

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶︎iOS版:App Store
▶︎Android版:Google Play

ArtStickerは、アーティストへ「好き」の気持ちを直接おくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

たくさんの素敵なアートと出会えますように!
8
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。