見出し画像

青森・弘前れんが倉庫美術館 同エリアにThe Chain Museumがプロデュースするミュージアムショップ・カフェがオープン!

CAFE & RESTAURANTS BRICK × The Chain Museum
2020.07.11〜

2020年7月11日(土)、弘前れんが倉庫美術館 付帯施設にThe Chain Museumがプロデュースするミュージアムショップ・カフェ「CAFE & RESTAURANTS BRICK」がグランドオープンいたします。

ミュージアムショップ・カフェ「CAFE & RESTAURANTS BRICK(以下BRICK)」は、隣接する弘前れんが倉庫美術館と同じく、田根剛率いるAtelier Tsuyoshi Tane Architectsが建築設計を監修、シードル製造工場の歴史を持つ煉瓦倉庫跡を改修、歴史の継続性を感じながら、鑑賞後に余韻をくつろぐ、 地域に開かれたクリエイティブ・ハブとしての役割を担う場所です。

内観2


BRICK内 ミュージアムショップ
「museum shop HIROSAKI MOCA」


ミュージアムショップ「museum shop HIROSAKI MOCA」は、
弘前れんが倉庫美術館の展覧会に紐づいた図録や特製グッズをはじめ、アートグッズのほか、弘前を中心とした工芸作家の作品、 地元で提供できる食商品などを提供いたします。またシードル工房で出来上がったオリジナルシードルやアップルサイダーなどを今後随時提供してまいります。

画像1


BRICK内 カフェ
「CAFE & RESTAURANT BRICK」


カフェ「CAFE & RESTAURANT BRICK」は、「弘前のファミリーレストラン」として、 ひとつずつ丁寧に、青森県産の旬の食材を使いながら、各々が異なるシーンで楽しんでいただくため、時間ごとにバリエーションを豊かにし、そして少しでもお腹がいっぱいになるメニューを用意しました。

画像2

★今回、弘前れんが倉庫美術館「Thank You Memory ー醸造から創造へー」企画展開催に伴い、7月11日から9月22日までの間「青森県産帆立のコンフィと生ハム、蜜リンゴのガレット(¥1,200,税別)」をご用意いたします。西目屋村産のそば粉100%、そこに「ニッカシードル」を加えたガレットに、青森県産の帆立と、弘前産のシードルとニッカ「アップルワイン」を真空調理でギュッと染み込ませたリンゴのコンポートを添えたオリジナルコラボメニューです。

画像3

 11時からのランチの時間帯から、BRICK特製サンドイッチ「BRICK SAND」のほか、2人以上のお客様で大皿をシェアして食べていくシェアセットの提供。
 この他パーティや誕生日、サプライズ記念として利用できるコースのご用意もしております。 (※メニューについては企画展ならびに季節に応じて、順次変更いたします、ご了承くださいませ)

画像4

 またドリンクは、シードル工房で作り上げたシードル「A-FACTORYアオモリシードル弘前吉野町1、2」や「吉野町アップルソーダ(ノンアルコール)」を醸造、出来次第提供させていただきつつ、弘前産のシードルを10種ほど提供予定です。

[概要]
・カフェ CAFE & RESTAURANT BRICK
・ショップ museum shop HIROSAKI MOCA
[ 所在地 ]青森県弘前市大字吉野町2−11
[ 電話番号 ] 0172-40-2775
[ 営業時間 ] カフェ/ ショップ 09:00-22:00(L.O. 21:00)
[ 定休日 ] 火曜

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

よろしければ、シェアもしていただけると嬉しいです!
11
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。