新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」がコロナ対策としても活用可能な「音声ガイドシステム」を提供開始。

第一弾は国内外のトップ・アーティストたちからごく若い世代まで、幅広く勢いのあるラインアップが特徴の、OKETA COLLECTION「A NEW DECADE」に導入


アートに出会う機会と、対話を楽しむ場所を提供し、アート鑑賞の「一連の体験をつなぐ」プラットフォーム「ArtSticker」を運営する株式会社The Chain Museumは、
「ArtSticker」アプリ上で美術館・博物館・ギャラリーや芸術祭などで、作品のバックストーリーなどを聞くことができる「音声ガイドシステム」を提供開始いたしました。

本サービスの日本語版には、コエステ株式会社開発の音声合成システム「コエステーション」を使用。人の生の声に近い自然な音声ガイドが実現いたしました。
OKETA COLLECTION「A NEW DECADE」から順次、導入対象を増やしていき、今後はアートにゆかりのある著名人や人気キュレーターの声によるガイド導入も検討していきます。


概要

「音声ガイド機能」は、美術館・博物館・ギャラリーや芸術祭などの音声ガイドを、ArtStickerアプリから再生できるシステムです。
作品に込められた物語や作者の思いとともに作品を巡っていただくことで、より理解を深めていただくことができます。

ArtStickerで気になったイベントや展覧会のチケットをそのまま購入することができる「チケット機能(時間制来館者システム)」とともに「音声ガイドシステム」が導入されることにより、オンライン・オフラインを超えてアートコミュニケーションの一環を支えるプラットフォームへと生まれ変わります。


感染症予防およびコロナ対策としても活用可能


「ArtSticker」の音声ガイドシステムは、誰もがより安心・安全に、より深いアート鑑賞を体験出来るよう、新型コロナ対策としてもご活用いただけます。

①音声ガイド専用端末ではなく、お客様自身のスマホのみで音声ガイドが利用できるため、不特定多数の接触を回避することができます。

②運営スタッフによる有人ガイドツアーをデジタルの音声ガイドに置き換えることで、飛沫感染のリスクを減らすことができます。

③通常、有料の音声ガイド機器を貸し出す場合には貸出時に料金の精算が発生しますが、ArtStickerの音声ガイドシステムはアプリ内オンライン決済で購入が完結するため、会計時の接触を回避することが可能です。


ArtStickerの音声ガイドのメリット

画像1

①音声ガイド専用端末が必要なくなります。
これまでの端末型の音声ガイドはもういりません。必要なのは、スマホだけ。機材管理コストなどから解放されます。
来場者は、使い慣れた自分のスマホひとつで音声ガイドを楽しめるため、衛生的にも安心です。

画像2

②購入は、アプリ内決済で。
受付での「現金」のやりとりはもう必要ありません。小口現金の管理からも解放されます。

画像3

③マルチリンガルにも対応可能。
一つのイベントに複数音声ガイドをつくることも可能ですので、たとえば、日英中などマルチリンガルのコンテンツを提供したい場合も対応可能です。

画像4

④かんたん導入、使われた分だけ。
初期費用・月額費用は一切かかりません。
かかるのは、音声ガイドを購入された分からの手数料のみです。

画像5

⑤ArtSticker ユーザーにダイレクトにアプローチ。
ArtStickerサービス内での紹介はもちろん、PUSH通知・メール告知などを利用してイベントの告知をしながら、そのまま音声ガイドの販売が可能。
イベントの告知と音声ガイド販売をセットで行うことで、シームレスな体験を提供することができます。

画像6

⑥リッチなイベントページが作成可能。
画像や映像などを組み合わせて、イベントの魅力を最大限にアピールしたイベントページが作成可能です。

▼音声ガイドシステムに関する詳細は下記よりご覧ください。
https://artsticker.app/services/audio-guide/


OKETA COLLECTION「A NEW DECADE」を皮切りに、続々と対応予定

画像7

桶田俊二・聖子夫妻が2000年代より始めたコレクション。国内外のトップ・アーティストたちからごく若い世代まで、幅広く勢いのあるラインナップが桶田コレクションの特徴である。

なお、OKETA COLLECTION「A NEW DECADE」の事前予約は、ArtStickerで受け付けております。
https://artsticker.app/share/events/detail/179

・現在、ArtStickerにて音声ガイドシステムを導入したい、美術館・博物館・ギャラリーや芸術関係者様を募集中です。お問い合わせはこちらまでお願いいたします。
→ toi@t-c-m.art


コエステ株式会社について

画像13

エイベックスと東芝デジタルソリューションズにより設立。AI・音声合成技術を使って一般人から有名人までさまざまな人の声の特徴を学習し、その「コエ(声)」で自由にしゃべらせることができるサービス「コエステーション」を開発している。

【コエステ株式会社 概要】
事業内容:音声合成コンテンツの企画・制作・開発・流通事業
所在地  :東京都都港区南⻘山三丁目1番30号 エイベックスビル
代表者 :代表取締役社長 加藤信介
設立日 :2020年2月5日
URL  :https://coestation.jp/


ArtSticker(アートスティッカー)について 

株式会社The Chain Museumが開発。アートに出会う機会と、対話を楽しむ場所を提供し、アート鑑賞の「一連の体験をつなぐ」プラットフォームです。著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたっています。

「ArtSticker」でできること

画像8

1. あなたの心を動かす作品に出会えます
ArtStickerでは国内外のアーティストの作品を掲載しています。
作品のジャンルは絵画、彫刻といった現代アートだけではなく、インスタレーション/映像/建築/写真/演劇/コンテンポラリーダンス/ファッションなど様々なジャンルの作品と出会えて、くわしい情報も見られます。
キーワードで検索し探すこともできます。

画像9

2. アーティストを直接支援することができます
金額に応じた色の「スティッカー」を好きな作品に貼ることで、アーティストを直接・気軽に支援できます。
支援のスティッカーをおくった方のみ、感想をアーティストに直接伝えられます。SNSだと誰でもコメントをできるので誹謗中傷のコメントが見受けられますが、ArtStickerの場合はポジティブな感想が多いのが特徴です。
あなたの感想に、アーティスト本人から返事が届くこともあります。

画像10

3. イベントや展覧会のチケットが買えます
気になったイベントや展示会のチケットも、その場でオンライン購入。
アプリをひらいてQRコードを提示するだけで、すぐ入場できます。

画像11

4. 気になった作品の購入もできます
作品を購入して、アーティストを支援することもできます。
お気に入りの作品を、ぜひあなたのお手元に。

画像12

5. アプリ内で音声ガイドを聴くことができます
美術館・博物館・ギャラリーや芸術祭などで、あなたのスマホから音声ガイドを聴くことができます。
作品に込められた物語や作者の思いとともに作品を巡っていただくことで、より理解を深めていただくことができます。

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶ iOS版:App Store
▶Android版:Google Play

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

ArtStickerのダウンロードもぜひ!
7
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/

こちらでもピックアップされています

News
News
  • 77本

The Chain MuseumやArtStickerの最新情報に関する記事まとめ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。