見出し画像

【New Event】韓国のDDE FINTECH KOREAで開催の、Jang Jin 個展「境界上の風景」がArtStickerに加わりました。

概要

韓国のDDE FINTECH KOREAで開催の、Jang Jin 個展「境界上の風景」の作品をArtStickerでもご覧いただけるようになりました。

境界上の風景
この風景は、感覚の限界を超えた崇高な感情を引き起こし、
人間の認識が届かない命の秘密を喚起している。

この風景の線は実際は存在しないもので、ただ人間の感覚を認識が引かれたある線にすぎない(その線自体は人間の限界を証明する)、作家はおそらくこの世に存在するものと存在しないものがぶつかり合う地点、存在とそれに付随する(ただ暗示されている)境界を切り崩す「場」としての風景を描いたにすぎない。

Calm shine
-A Landscape on a boundary, moment of blurring and revealing of landscape-

The landscapes go over the limit of sense, bring up sublime emotions and reveal secrets of life that men cannot reach. The lines in the landscape actually does not exist but only is drawn by the sense and cognition of men (The lines themselves prove that limit of men) The artist drew a spot that existence and non-existence encounter.
For Jang Jin, landscape that existence and non-existence encounter each other and tears down the boundaries and he tries to portray the scene.

画像1

展示風景(DDE FINTECH KOREA)

画像2

展示風景(DDE FINTECH KOREA)

作家プロフィール

Jang Jin
ソウル大学東洋画科卒業
成均館大学大学院東洋哲学科卒業 博士課程修了
大邱大学造形芸術学部絵画科 教授

2002年より韓国、中国を中心に国内外で作品を発表。
グループ展・個展を多数開催。アジアを中心に国際的に活躍している。

画像3

Jang Jin《그림 12 Figure 1Moonlight prism (詩的空間)》

基本情報

会期: 2020年6月12日(金)〜7月31日(金)
会場: DDE FINTECH KOREA
住所: 17fl. Parnas Tower, 521 Teheran-ro, Gangnam-gu,
Seoul, Korea 06164
開館時間: 10:00-18:00
休館日: 土・日曜日
観覧料: 無料

画像4

▽イベントページの詳細はこちらから

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶︎iOS版:App Store
▶︎Android版:Google Play

ArtStickerは、アーティストへ「好き」の気持ちを直接おくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

よろしければ、シェアもしていただけると嬉しいです!
6
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。