見出し画像

【New Event】北林加奈子個展「urn:骨壺」がArtStickerに加わりました

皮膚や体をなくした骨に与える、容れ物。
死後に与えられる、あたらしい身体。

この度表参道DiEGOでは、微細な皮膚感覚や他者との距離の間にあるもの、触覚や視覚で感じとる気配などを作品の主題とし、彫刻作品を発表してきた北林加奈子による”骨壺"をテーマとした個展を開催いたします。

画像1

《urn_003》

urn : 骨壺

自身の死への考え方や、亡き人への思いに基づき制作された骨壺のシリーズ。
形なき存在に”姿”をもたせたいという思いで制作され、まるで“そこにいる”ような気配を感じさせる。実際に使うことができるように作られており、自らの最後に行き着く場所についての想像を観る者に促す。

画像2

《urn_004》

画像3

《urn_005》

北林の作品には、神聖な場所に足を踏み入れた時のような静けさや祈りがある。 あいまいなカタチ、自然界にあるようなテクスチャー。 そことここを結ぶ細い糸、ちらちらと存在を示す木片。 それらの気配は、奥深く眠る記憶や感覚を呼び起こし、やがてその中に入り込むような 錯覚を抱かせる。それはまるで、長い旅を思い出し、静かな場所に還るような。
最後の場所は、自分で決めたい。それが、自分の感覚に触れるもの、自分が愛おしく 感じるもの、と思うとのんびり生きられるように思う。大切に日々を過ごせるように思う。そして、消えるようにその場所に入っていきたい。

静謐な気配をまとい、エレガントにたたずむ北林の骨壺は、そこに眠る者、それを眺める者に、ささやかな祈りを届け、おだやかな時間をもたらしてくれることだろう。 (DiEGO ディレクター立原珠美)

【イベント基本情報】
会期:2019年10月5日(Sat)~11月2日(Sat)
会場:DiEGO
住所:東京都渋谷区神宮前4-17-8 オリエンタル原宿205
開館時間:水・木・祝 13:00〜18:00、金・土 13:00〜20:00
休館日:日・月・火
※本展は祝日も開廊いたします。

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶︎iOS版:App Store
▶︎Android版:Google Play
ArtStickerは、アーティストへ「好き」気持ちを直接おくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

よろしければ、シェアもしていただけると嬉しいです!
6

The Chain Museum

The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。