新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ArtSticker Brazil 第2弾 - ポンタウ博物館が加わりました

ポンタウ博物館

リオデジャネイロのカーザ・ド・ポンタウ博物館は、ブラジル最大の最も重要な民芸博物館です。300人以上の作家が20世紀から21世紀にかけて制作した、ブラジルの多様性を表す約1万点の彫刻を収蔵しています。

ユネスコと提携している国際博物館会議(ICOM)のメンバーによれば、「カーザ・ド・ポンタウ博物館はブラジル民芸の総合博物館であるだけでなく、ブラジル人の生活と文化を包括的に見わたせるブラジル唯一の真の人類学博物館」です。

博物館には芸に秀でた庶民が作った生き生きとした芸術作品が集められています。民芸や映画、ビデオ、写真を通じて、過去1世紀のブラジル人の経験や生活の記憶に残る物語を伝えています。音楽や踊り、歌、祭り、誕生と死の儀式が表現されています。ポンタウ博物館に展示されたアーティストの記憶と愛情に満ちた視点は、新しい世代へと伝えられ、世界の芸術の多様性と豊饒さに貢献します。

画像1

画像2

画像3

ポンタウ博物館を後世に伝えよう

ポンタウ博物館は40年以上同じ場所にありますが、周辺の都市整備の余波で洪水に見舞われるようになりました。浸水の被害は計り知れず、唯一の解決策は立地場所を変えてコレクションを永久保存することです。事態は急を要します!

目標は実現間近です。新たな建物の建設は最終段階に入り、工事は8割がた完了しています。名だたるブラジルのモダニズム建築にインスパイアされた現代的で洗練された設計が、庶民の生んだフォークアートの網羅的コレクションの収蔵場所となります。環境や自然を大切にするアーティストたち、日頃排除される人々が語るブラジルの歴史や生活、習慣の視点に価値を見いだし、掘り起こし、発信するアート作品が集められています。

博物館再建の最良の道は皆の力を合わせることだと信じます。この計画を友人の方々と共有し、取り組みに参加しましょう。貴重なコレクションがブラジルと世界の未来世代に無事に伝わるよう力を貸してください。

ポンタウ博物館を支援する方法

[The Casa do Pontal Museum]に対し、お好きな金額を選んでスティッカーを送ることにより、ポンタウ博物館を支援することができます。

▼ArtSticker Brazilページ

1. ArtSticker Brailのページの下部にProjectというコーナーがあります。
2. その中の、The Casa do Pontal Museumをタップします。
3. 右下の十字を押すと、[支援する金額を選んでタップ]という画面が表示されます。
4. バーを上下に動かし、お好きな金額のスティッカーを送ることができます。

スティッカーの送り方

駐日ブラジル大使館とのパートナーシップ締結「ArtSticker Brazil」概要

駐日ブラジル大使館並びにThe Chain Museumは、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)世界的大流行の影響により困難に直面しているブラジルのアーティストや関連施設等を支援するべく力を合わせ、「ArtSticker Brazil」にてパートナーシップを結ぶこととなりました。パブリックコミュニケーションや文化振興におけるデジタル・プラットフォームの重要度が高まる中、本事業は日本とブラジルの二国間文化交流に対する継続的な応援活動に日本の皆様にもご参加いただくことを目的としています。

「ArtSticker(アートスティッカー)」とは

株式会社The Chain Museumが開発。アートに出会う機会と、対話を楽しむ場所を提供し、アート鑑賞の「一連の体験をつなぐ」プラットフォームです。著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたっています。
https://artsticker.app/r/dl

画像5

1.あなたの心を動かす作品に出会えます

ArtStickerでは国内外のアーティストの作品を掲載しています。作品のジャンルは絵画、彫刻といった現代アートだけではなく、インスタレーション/映像/建築/写真/演劇/コンテンポラリーダンス/ファッションなど様々なジャンルの作品と出会えて、くわしい情報も見られます。キーワードで検索し探すこともできます。

画像6

2.アーティストを直接支援することができます
金額に応じた色の「スティッカー」を好きな作品に貼ることで、アーティストを直接・気軽に支援できます。今回のArtStickerBrazilにおいては、美術館に対しての支援となります。

画像7

3.感想を直接アーティストに伝えられます
支援のスティッカーをおくることで、感想をアーティストに直接伝えられます。あなたの感想に、アーティスト本人から返事が届くこともあります。今回のArtStickerBrazilにおいては、キュレーターからコメントが届くこともあります。

画像8

4.あなたの名前が作品のクレジットして残り続けます
スティッカーをおくることで、映画のエンドロールのように、作品にあなたの名前が残せます。作品のページは会期が終わっても公開はされているのでアーカイブもされます。

画像9

5.ArtSticker内であなただけの作品コレクションを作れます
スティッカーをおくることで、アートコレクターのようにコレクションを増やし・育てる楽しみもあります。

※スティッカーのお金は、アーティストの作品写真をアプリ上で利用する対価、ArtStickerを運営するThe Chain Museumの手数料、作品にかかわるプロジェクト主催者等への寄附の合計額です。
手数料は、ArtStickerの活動費として、様々なアーティストとの共同プロジェクトに役立てられます。また、作品によっては、プロジェクト主催者等への寄附を含まないものもあります。

ArtStickerのダウンロードはこちらから

▼「ArtSticker」 iOS版
App Store:https://apps.apple.com/app/artsticker/id1446438049

▼「ArtSticker」 Android版
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=art.tcm.artsticker

株式会社The Chain Museumについて

社名   :株式会社 The Chain Museum(読み:ザ・チェーンミュージアム)
所在地  :東京都目黒区中目黒一丁目10番23号
代表者  :代表取締役社長 遠山 正道
資本金  :1億4260万円(資本準備金含む)
HP    :https://t-c-m.art/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

他の記事もぜひ読んでみてください!
8
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/

こちらでもピックアップされています

News
News
  • 84本

The Chain MuseumやArtStickerの最新情報に関する記事まとめ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。