見出し画像

【New Event】 資生堂ギャラリーで開催中。諏訪綾子展『記憶の珍味 』がArtStickerに加わりました。

 2020 年 1 月 18 日(土)から 3 月 22 日(日)まで、資生堂ギャラリーで開催中の諏訪綾子の個展『記 憶の珍味』がArtStickerに加わりました!

概要

画像1

 諏訪綾子は、本能的な無意識の感覚に訴えることのできる表現媒体 として「食」を扱い、体験者に新たな問いや発見をもたらすことを追求する、現在、世界で高い注 目を集めるフードアーティストです。

本展で諏訪綾子は、誰もが個人的にもっている記憶をテーマに新たな「食」の表現に取り組 みます。諏訪は、記憶を私たちの意識であると同時に無意識でもあり、私という自己そのものと 捉えます。
展覧会を通じて記憶を美しくかけが えのない珍味として「あじわう」ことで、「わたし」 自身をあじわう体験の創出に挑戦します。

また、 本展で諏訪が表現する「食」の体験は、自然の 美しさや儚さを感じ、それを和歌に詠み、香を聞 き、茶を点てるという遥か昔から日本人が行っ てきた他者との「感覚の共有」であり、同時に日 本人の美意識や精神性を育んできた「自然から のインスピレーション」を受け取って自らの感覚を研ぎ澄ませるという体験でもあります

画像2

画像3

会場内での試み

 展示会場には、諏訪が様々な香りから調合した数種類の「記憶の珍味」を来場者が実際にあじわうことで、自身の記憶を呼び起こす体験の場が設けられます。また、自然の中から生じた有機的なかたちをともなった「記憶」をあじわうための幾つものツールがインスタレーションとして展示されます。

会期中には、不定期に、ギャラリー内で、諏訪自身が自らの記憶をゲストとともにあじわい、その感覚を共有する参加型のパフォーマンスを実施する予定です。諏訪自身がその場でもてなす生の「記憶の珍味」をあじわうことは、ゲストにとってそれぞれの個人的記憶を共有することができるようなリチュアルでドラマティックな体験を生み出します。

画像4

来場者の体験

 現代の文明社会に生きる私たちにとって、自然に寄り添い感じ取られる感覚を他者とともに共有することは、もはや貴重な経験となったのではないでしょうか。

本展で、来場者はあじわいを通じ自らの記憶を他者と共有することによって次第に開かれていくコミュニケーションを体験するとともに、「自然からのインスピレーション」を体感することでしょう。そして、それは日本人が受け継いできた繊細な美意識や内面的な精神性という捉えがたい感覚を他者と共有し、「わたしとは何ものなのか」という問いに想いを馳せる機会となるはずです。

画像6

関連企画

「記憶の珍味」をあじわうリチュアル

週に一度、展示室中央では、アーティスト・諏訪綾子による『「記憶の珍味」をあじわうリチュアル』が開催されます。「記憶の珍味」をあじわうための特別なツールを使ってつくられる「記憶の珍味」をあじわいながら、諏訪と参加者の記憶がむすびついた繊細な感覚を共有します。

※1回のリチュアル(パフォーマンス)には定員4名が着席参加してアーティストによる作品をあじわって鑑賞する体験となります。

※定員4名のうち2名をウェブ上での事前予約。残る2名は当日会場で募集を行います。
※着席参加はお一人様1回限り、同伴者の追加は不可とさせて頂きます。

プロフィール

諏訪 綾子 (すわ あやこ)

画像5

            Photo:桐島ローランド

アーティスト・food creation 主宰
石川県生まれ。金沢美術工芸大学卒業後、2006年よりfood creationの活動を開始、主宰を務める。欲望、好奇心、進化をテーマにした食に関する作品をパフォーミングアート、インスタレーション、ダイニングエクスペリエンスなどの手法で数多く発表。本能的な無意識の感覚に訴えることのできる表現の媒体として「食」を扱い、感情、記憶などの内在する感覚を「あじわい」で伝えることで、体験者に新たな問いや発見をもたらす作品が特徴。
美食でもグルメでもない、栄養源でもエネルギー源でもない新たな食の可能性を追求している。

2008年、金沢21世紀美術館で初の個展「食欲のデザイン展 感覚であじわう感情のテイスト」を開催。現在までに東京・金沢・福岡・シンガポール・パリ・香港・台北・ベルリン・バルセロナなど国内外で「ゲリラレストラン」、ダイニング エクスペリエンス「Journey on the table」を開催。2014-15年、金沢21世紀美術館 開館10周年記念展覧会「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」を、東京大学総合研究博物館とともに開催。2019年「Journey on the Tongue」がEUとアルスエレクトロニカによるアワード「STARTS Prize」のWinnersに選定される。

基本情報

諏訪綾子展 「記憶の珍味」
会期:2020年1月18日(土)~3月22日(日)
会場:資生堂ギャラリー
住所:東京都中央区銀座 8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下 1 階
開場時間:平日 11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00
休演日:毎週月曜休 (月曜日が祝日にあたる場合も休館)
観覧料:無料
URL:http://www.shiseidogroup.jp/gallery/

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶︎iOS版:App Store
▶︎Android版:Google Play
ArtStickerは、アーティストへ「好き」の気持ちを直接おくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

よろしければ、シェアもしていただけると嬉しいです!
7
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。

 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。