見出し画像

長崎県大村湾に浮かぶ無人島「田島」で開催。無人島アートフェア『HORIZON』をArtStickerでチケット販売開始。

チケット販売について

長崎県大村湾に浮かぶ無人島「田島」で開催。無人島アートフェア『HORIZON』のチケットをArtStickerで購入できるようになりました。

無人島アートフェア-HORIZON-は、長崎県西海市を代表する現代アーティストらの作品に触れ、 来場者がアートを体感することのできる参加型アートイベントを7月19日(日)に開催です。

概要

初開催となる今回は、「ART CHANGES EVERYTHING. DOING ART EVERY MOMENT.」をコンセプトにいたしました。

コンセプト

普段触れることの少ないアーティストの思考回路や動態を感じた来場者が、アートを通じた自分なりの表現と向き合う機会を随所に取り入れたプログラムとなっています。

画像1

プログラム

LIVE ART:アーティストらによるライブパフォーマンス

ART BATTLE:複数の来場者が一斉に制限時間内でライブペイントを行い、パフォーマンスを互いに鑑賞 

チケットを購入された方全員にキャンバスをお渡しいたします。
当日はそちらをご持参いただき本プログ ラムにご参加ください。


ART THERAPY:アートを通した感情の自由な自己表現を体験するワークショップ

ART DIALOG:参加アーティストとヤマダケンタとのトークセッション

FINAL TRACK:来場者、アーティスト、運営者の垣根を超えた参加者全員による思い出アート制作

※スケジュールは天候や運営上の都合等により⼀部変更になる可能性があります。

画像3

会場

会場は長崎県大村湾に浮かぶ無人島「田島」。

40年近く前までは人が住んでいたため、古民家や井戸などが 残っていますが電気・ガス・水道はありません。
現在は家族連れや社会人を中心に、県内外から年間約2,000 人が訪れる冒険の島です。無人島アートフェア「HORIZON」では、無人島 田島の全域を活用し絵画やインスタレーションの展示を実施。

作品が自然と調和することで鑑賞者の中に新たな感性と偶然の視点が生まれる ことを目指しています。フェア当日は無人島内を自由に散策することが可能です。

画像4

参加アーティスト

・岡本泰彰(Okamoto Yasuaki)
2001年に単身渡英し独学で絵画制作をはじめ、その後スペインやカナダに移住、制作。ニューヨー クに10年滞在し、Po Kim(芸術家、The Sylvia Wald & Po Kim Art Gallery 創設者)に従事し、The Art Students League of NY や The National Academy Museum & School で油彩、水彩、版画、ミ クスドメディア、ドローイングなどを学ぶ。

国吉康雄賞や The Edward G. Mc Dowell Grant、The Xavier Gonzalez & Ethel Edwards Grant をはじめ、数々の賞を受賞。様々な技法を使い、主に動植 物をモチーフに描く。

画像5

画像6

Born to Die, Live to Sin, 2011, oil on canvas, 30"×40" _ 76×102cm

画像7

Dear Landlord, 2011, oil on canvas, 30"×40" _ 76×102cm

・濱村裕二(Yuuji Hamamura)
東京の大手IT企業勤務を経て、子育てをきっかけに故郷長崎に戻る。3年前に「透明な樹脂(レジン)を使った貝殻を一面にちりばめたテーブル」と出会ったが当時は高価で買えなかったことをきっかけに自作の道を選び、アーティストとして日々研究と試作を重ねている。

作品づくりの中心は南国のビーチをテーマとしてきたが、趣味のダイビングで自らが観た水中の景色を表現するため、これまで培ってきた技術を活用し新たな素材選びや独自に開発した手法・技術を駆使し、時には他アーティストとのコラボレーションしながら制作に励む。

画像14

OCEAN_2019年_ 90cm×90cm

OCEAN_2019年_ 90cm×90cm

・浪方勇希(Yuki Namikata)
2019年末、フランスの彫刻家・現代アーティストであるChristian Boltanskiの作品と出会い、イ ンスタレーションに魅せられる。その後、独学でインスタレーションやスプレーペインティング の制作を始める。

起業家として3社を経営する傍ら、これまで築き上げてきたキャリアや価値観 に対する憤りともとれる自らへの否定を原動力にし、鮮やかな蛍光色による<自己否定>シリー ズやゲリラアート<不自然との調和>シリーズ、増殖し続けるダクト<蛭 ― 応援団のようなも の―>の制作を進めている。

画像15

画像9

共鳴/Resonance, 2020 | 20×35×120 cm | アルミニウム、MP3プレーヤー、スピーカー | Aluminum, MP3 Player, stereo speaker.

画像10

人生からの剥離 | Peeling | 2020 | 110×70×120 cm | 革製椅子、アクリル絵具 | Leather chair and acrylic paint.

・ヤマダケンタ(デザイナー)
1978年長崎県生まれ。名古屋芸術大学卒業。
広告デザイン制作会社や広告代理店で経験を積んだ後、2016年 に地元西海市にUターンをしデザイナーとして独立。同年に株式会社西海クリエイティブカンパニーの取締役 兼デザイン最高責任者に就任。

ブランディング&マーケティング事業、AI事業におけるデザイン分野を担当。 企業理念から商品・サービスまでのイノベーション支援を行う。デザインとアートで西海市を元気にした い、ふざけたように思える企画を大真面目に取り組みカタチにすることをモットーにデザインと向き合って いる。

画像11


・social creative lab, spacy
spacy(スペイシー)とは、「宇宙空間的な」という意味をもつ和製英語。“人は宇宙空間のように限りなく 広がる可能性を持つ”、“複雑な社会の中でその人らしさが発揮されるには”、"そのために私たちができること は何か"。
これらのアイデアをベースに、異なる領域のスキルを包括し、独自のアプローチを考案・実践する コミュニティグループ。

コアメンバーは、左:maiko(福祉支援員・リンパケアセラピスト)、中央:noco(公認 心理師・臨床心理士)、右:mai(マルチクリエイター)。メイン活動として、アートを中心とした子ども向けク リエイティブラボ(研究所)を展開中。

画像13


基本情報

トップ画像

会期
2020年7月19日(日)

会場
無人島 田島 ※集合場所:田島BASE

住所
長崎県西海市西彼町亀浦郷727-2

開館時間
15:00 ~ 20:00(受付開始 14:45 解散 20:30)
※渡船の関係上、時間外の送迎はできかねます。予めご了承ください。

観覧料
1,100円(税込) 
※チケットを本ページよりお買い求めください

※展示作品および会場内で安全管理の都合上、参加対象は中学生以上とさせて頂きます。

URL
・無人島アート フェア「HORIZON」
https://www.artfairhorizon.com/ 

・FAQ(ご参加前に必ずお読みください)
https://www.artfairhorizon.com/event-informaton

▽チケット購入はこちらから

ArtStickerのダウンロードはこちらから
▶︎iOS版:App Store
▶︎Android版:Google Play

ArtStickerは、アーティストへ「好き」気持ちを直接おくれるプラットフォームです。
コーヒー1杯分のお金からはじまる、アーティストとのつながり。
小さな「好き」の気持ちが連鎖して、アートの世界が広がっていきます。
ArtStickerで、今までにないアート体験を!

Please follow us!
Twitter | Facebook | Instagram


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

TCMは「世の中の体温をあげる」という想いをかかげ、「Soup Stock Tokyo」等を手がけてきた遠山が構想する「新たなアート体験」に、PARTYが得意とする「デジタルでの体験設計」を融合させ、アートと個人の関係をテクノロジーで変革させ、新たな価値の提示を目指しています。

ArtStickerのダウンロードもぜひ!
17
The Chain Museumは、遠山正道×クリエイター集団PARTYが新たに発信する  「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。 アーティスト支援アプリの「ArtSticker」を運営しています。 https://artsticker.app/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。